PROFILE

パク・サンオンからの“THE MUSICAL”の話

現在時間2011年9月2日 21:55、今まもなく私が出演したドラマ“THE MUSICAL”が初放送される瞬間だ。ドラマ出演は初めてではないがテレビと私の間で若干の緊張がはしる。
7年間のファッションモデル活動の後、演劇舞台、映画の端役出演が経歴のすべてある私に昨年8月にドラマ“THE MUSICAL”からのキャスティングという新しい挑戦の機会がおとずれた。オーディションの時監督の前で歌を歌った時、どんなに緊張したことか、そしてたとえ主演クラスのキャストではないものの出演が決まった時、どんなにうれしかったか。
とうとうドラマがTVから流れる。可愛いグ・へソンの登場からドラマの幕が上がる。グ・ヘソンは2009年大人気を博した“花より男子”の女主人公として出演、トップクラスの一群に合流した女優だ。 ここでドラマを簡単に紹介すると“THE MUSICAL”は名門大学医学生だがミュージカル俳優の夢を持つコー・ウンピ(グ・ヘソン)が天才作曲家ホン・チェイ(チェ・ダニエル)と会い繰り広げられるミュージカル俳優の成長と恋愛話を描いたものだ。
私はこのドラマでコー・ウンピと同じ劇団の先輩として、かっこいいミュージカルステージのため奮闘するミュージカル俳優M5の一員“サンオン”として出演する。おもしろいことに私の本名をそのまま使う。M5は私も含め5名のミュージカル俳優がみんな“マスル(魔術)”というマッカリの店で働く。ノートを前におきホームページに紹介するメモをしている瞬間、あ!我々M5の歌がBGMとして流れてきた。“MUSIC IS MAGIC”豊かな低音をベースにしている(でも良く聞こえない、、、)“マスル”の舞台で歌っている私の姿がちょっとだけ画面に出た、消えた。あそこもっと長く撮ったのに何秒かで終わった。でもがっかりはしない。これからもっと多くの場面に出るから。
一般的な韓国のドラマ制作方法とはちがい“THE MUSICAL”は大部分事前制作撮影された。今3回分の撮影を残しているが、予定としては16日が最後撮影となっている。18日東京でのタヒチアンナイトのゲスト出演を前に、大変な撮影スケジュールだ。おそくとも17日出国しなくちゃ、、、、撮影内容よりも日本に行けなくなることが心配だ。ドラマ撮影とは予定より長く時間がかかり、予測できないぶん本当に大変な仕事だ。
ドラマオーディションから約1年たった今、私はその頃より成長しただろうか?撮影場面の多さ少なさに大きな変わりはない。私は今、私の夢に向かい一歩近ずき、言葉は役の演技のため1年間最善を尽くした。ミュージカル“ジキルとハイド”の有名な歌のように、THIS IS THE MOMENT みなさんの声援にこたえる瞬間だ。